ワキ汗、多汗症について

多汗症は、通常の体温調節を超えた過剰な発汗を特徴とする状態です。この症状は特に手のひら、足の裏、脇の下、顔などに顕著に現れることがあります。

腋窩多汗症については保険で認可された多汗症の抗コリン外用薬(エクロックゲル、ラピフォートワイプ)があります。双方とも長期処方も可能となりました。

手掌多汗症について、近年保険で認可された本邦初のスプレー剤(アポハイドロローション)が発売されました。手汗でお困りの方もご相談下さい。

外用薬では効果がない方や頭皮の多汗症の方は、抗コリン薬内服などの保険診療も行なっております。副作用や基礎疾患等で抗コリン薬が使用しにくい方は漢方薬なども処方させていただいています。お困りの方はご相談ください。

日々の生活においては、通気性の良い服を選んだり、ストレス管理の技術を身につけることで、症状の緩和に役立ちます。