にきび(尋常性ざ瘡)

にきびは思春期に皮脂の分泌が増加し、毛穴が詰まることによって、細菌等による炎症を起こす疾患です。ホルモン変動、ストレス、不適切なスキンケアが主な原因とされています。日常的な洗顔で皮脂と汚れを優しく取り除くことが重要です。

進行すると、炎症が広がり皮膚の深い部位に及んで、瘢痕が残ることもあるので、早めの治療が大切です。最近はマスク生活により治りにくくなり、大人ニキビも増えています。改善しない場合は、皮膚科専門医による適切な診断とカスタマイズされた治療計画が有効です。自己治療による皮膚のダメージや炎症を避けるためにも、無理ににきびを潰したりしないようにしましょう。

当院では、抗菌薬、抗ニキビ薬、漢方薬などを組み合わせて、患者さんの1人1人の状態に合わせた治療を行っています。また、ニキビケア製品やピーリングなどの自費診療も行なっています。化粧品やスキンケアなどについても気軽にご相談下さい。


保険診療
外用:抗ニキビ薬、抗菌薬
内服:抗菌薬、ビタミン剤、漢方薬

自費診療
ピーリング、アゼライン酸外用剤
ニキビ用ケア製品、ビタミンCローション、トレチノイン(ビタミンA)外用等